メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

男性手術ミスで5300万円の賠償金 岐阜市民病院 /岐阜

 岐阜市民病院は21日、脊柱(せきちゅう)管狭窄(きょうさく)症と椎間板(ついかんばん)ヘルニアの合併により脚と腰に痛みがあった40代の男性患者の手術で、誤って神経を傷つけて障害を残したとして、賠償金約5300万円を支払うと発表した。

 病院によると昨年8月、男性の背骨や椎間板を削る手術をした際、誤っ…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文336文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  2. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

  3. 原子力規制委にサイバー攻撃 「機密性2」に不正侵入か 警視庁が捜査

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです