メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと@東海

NPO法人「愛伝舎」理事長 坂本久海子さん(59) 「多文化共生」に手応え /愛知

坂本久海子さん

 東海3県の12の市民グループで作る「外国人支援・多文化共生ネット」に7月、出入国在留管理庁の佐々木聖子長官から感謝状が届いた。入管と協力し、国籍を超えた共生社会づくりに貢献したことへの謝意がつづられていた。ネットの代表を務める三重県鈴鹿市のNPO法人「愛伝舎」理事長、坂本久海子さん(59)は「市民グループを連携相手として認めてくれたことがうれしい」と顔をほころばせる。【太田敦子】

 2019年4月の改正入管法施行で家族滞在を伴う在留資格が創設され、国は外国人の受け入れ拡大にさらにかじを切った。まさに社会構造の転換期にネットは発足した。呼びかけたのは当時の名古屋入管局長。「各団体の経験やノウハウを共有し、政策に生かしたい」とラブコールを受けた。

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 よく「試験地獄」などといわれるが…

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  4. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

  5. 社説 NHKの経営計画 視聴者本位の改革なのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです