メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

彩人旬人

空き家使い移住促進 「AWAプロジェクト」代表 谷藤重美さん(76) /三重

谷藤重美さん

 大台町下楠の熊野古道伊勢路沿いに建つ旧郵便局舎。その空き家を利用したシェアアトリエ・レンタルオフィス「AWAらぼ」がオープンした。同町内には500軒以上の空き家が点在する。AWAらぼを運営する住民有志グループ「AWAプロジェクト」の代表で、木工と現代アート作家の谷藤重美さん(76)=同町高奈=は県外からの移住者。「ここを拠点に街道沿いの空き家の活用を図り、移住を促進することで、にぎやかな楽しい町にしたい」と話す。【田中功一】

 豪雪地域の農家に生まれた。中学卒業後に集団就職。名古屋市のモーター部品などを製造する町工場で勤め始めた。

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1143文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 野村克也さんが死去 84歳 戦後初の3冠王、ID野球で3度日本一

  4. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです