メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ お盆の観光客、大幅減 山陰両県「Go To」効果限定的 /島根

 新型コロナウイルス感染拡大が続く「第2波」の到来を受け、今年のお盆期間は鳥取、島根両県で帰省客や観光客が少なく、にぎわいがあまり見られなかった。鳥取県の平井伸治知事は「(例年に比べた観光客数は)4~8割」とし、島根県の旅館は「お客さんにもっと来てほしい」と寂しげ。政府の旅行需要喚起策「Go Toトラベル」は県をまたぐ観光に懸念が広がったためか地元経済へ波及効果は限られたようだ。【阿部絢美、前田葵、小坂春乃】

 景勝地・鳥取砂丘(鳥取市)は駐車場に京阪神ナンバーが並んではいたが、全体的に人の姿はまばら。市観光・ジオパーク推進課によると、8~16日の9日間と前年8月10~18日の9日間を比較すると、今年の砂丘の来訪者は4万733人とほぼ半減。土産物店「砂丘フレンド」の山根弘司社長(60)は「土産物の売り上げが3分の1以下になった」と話し、「県をまたぐ観光に抵抗感があり、同僚や近所の人に『砂丘へ行った』と言…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文872文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の桂文枝さん 67歳妻と99歳母が死去 今月下旬に相次ぎ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約内定から見えてきたこととは

  4. 豊臣期の大坂城石垣を公開 本丸中心部、夏の陣の痕跡や金箔瓦も出土

  5. 学生街の喫茶店、コロナでピンチ 早大生有志がクラウドファンディングで応援

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです