メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「東行庵のひみつ」展 晋作波乱の生涯解説 下関の記念館 /山口

晋作がうのに贈ったかばんなど、貴重な愛用品や資料が並ぶ

 幕末の志士、高杉晋作と東行庵に関する資料や遺品を並べた子供向け企画展「東行庵のひみつ~高杉晋作が眠る地~」が、下関市吉田の市立東行記念館で開かれている。9月22日まで。

 2章立ての構成で、1章では晋作の写真や愛用品、葬儀の記録などから、その波乱に富んだ生涯を解説。2章は「東行庵のひみつ」と題して、晩年の晋作を支え、初代庵主となったうのの愛用品などから、人柄や交流を紹介している。中でも晋作が贈っ…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです