メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京パラリンピックまで1年 あきらめない、伝えたい 道下選手、有森さんと対談

ウェブ会議システムで対談する道下美里選手=福岡市中央区で7月31日、徳野仁子撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された東京パラリンピックは24日、開幕1年前を迎える。東京大会の女子マラソン(視覚障害)で金メダルを目指す道下美里選手(43)=三井住友海上=は五輪女子マラソン2大会連続メダリストの有森裕子さん(53)とオンラインで対談し「パラアスリートは、できないことをいかに工夫してやっていくかを考えながら生きてきた。今後も走ることを通して、あきらめないことの大切さを伝えていきたい」と心境を語った。(19面に特集)

 道下選手は角膜の難病で中学2年の時に右目の視力を失い、左目もほとんど見えない。前回の2016年リオデジャネイロ大会では銀メダルに輝いたが、表彰台では悔し涙を流した。その後も月間600キロにも及ぶ走り込みを続け、今年2月の別府大分毎日マラソンは自身が持つ世界記録を更新する2時間54分22秒で制した。東京大会でも優勝候補に挙げられている。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです