メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済比べてわかる

首都移転、費用が課題 大渋滞解消狙い計画 インドネシア

インドネシアの新首都予定地で進められている新たな橋の建設工事=東カリマンタン州で6日(北プナジャム・パスール県提供)

 インドネシアで首都をジャカルタから約1200キロ離れた別の島に移転する計画が動いている。政治や経済の一極集中によるひずみを解消する狙いだが、巨額の費用の調達など、課題は多い。

 ジャカルタ中心部の幹線道路。車がひしめき、ラッシュ時には3キロ移動するのに1時間かかることもある。現在はコロナ禍で交通量が減っているが、見慣れた朝夕の日常風景だ。ジャカルタの人口は過去20年で200万人以上増加し、1000万人を超えた。道路網や公共交通機関の整備が追いつかず、渋滞による経済損失は年間100兆ルピア(約7200億円)に上るとの試算もある。

 ジャカルタのあるジャワ島の経済規模は国内総生産(GDP)の6割近くを占め、地方との格差是正も長年の課題だ。地下水をくみ上げ続けたことによる地盤沈下も深刻化している。

この記事は有料記事です。

残り1424文字(全文1773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです