メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄論壇時評

戦後75年 追悼のあり方 国家目線ではなく、個の尊厳を=ジャーナリスト・渡辺豪

平和の礎(いしじ)に手を合わせる人たち。沖縄戦の戦没者や、海外の戦争で亡くなった沖縄出身者らの名前が刻まれている=沖縄県糸満市の平和祈念公園で2020年6月23日、栗原俊雄撮影

 新型コロナ禍は6月23日の沖縄全戦没者追悼式にも思わぬ余波を及ぼした。主催する沖縄県は5月、感染拡大防止のための規模縮小に伴い、例年実施している式典広場から国立沖縄戦没者墓苑(以下、国立墓苑)に会場を変更する方針を示した。

 変更といっても平和祈念公園内の移動にすぎない。だがこの判断をめぐって沖縄内部で批判が噴き出し、事実上、そうした声に押される形で元に戻されたのだ。

 批判の根底にあるのは「国家に強いられた死」を直視するまなざしだ。

この記事は有料記事です。

残り2177文字(全文2395文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 相模原殺傷事件 植松被告、控訴取り下げへ 「死を受け入れているわけではない」

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです