メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木村花さん中傷の女性告白(その2止) 訃報知り、恐怖と後悔

 

 関東在住の女性は、娘を失った悲しみや怒りがつづられた木村花さんの母響子さんのインタビュー記事などを読み、「申し訳ないという気持ちを少しでも伝えられたら」と電話取材に応じることを決めたという。

 「今思うと変な正義感でした。最初のイメージがよかっただけに、コスチューム事件で『本性はこれなのか』と裏切られた気がして。木村さんに何とかその態度を改めてほしいと書き込んでしまいました」。当時、新型コロナウイルスの感染拡大による自粛生活で、近所から聞こえる夜間の騒音や仕事の先行きへの不安からストレスもたまっていたという。

 書き込みの約1週間後の5月23日、木村さんが亡くなったというネットニュースを見て衝撃を受けた。「まさか……と。本当に怖かった。私はなんてことをしてしまったのだろう、すごいひどいことをしてしまったのかもしれないって。恐怖と後悔でいっぱいでした」。女性は声を震わせながら当時の心境を振り返った。ニュースでアカウントが特定されれば損害賠償請求される可能性があると知り、その日のうちにアカウントを削除したと…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文923文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  2. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです