メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 大阪でクラスター14件 高齢施設、対策に限界 認知症患者、指示伝わらず 設備整わぬのに「病院化」

 新型コロナウイルスの感染再拡大が続く大阪府では、この1カ月ほどの間に14カ所の高齢者施設でクラスター(感染者集団)が発生した。その中の1施設が、毎日新聞の取材に応じた。細かい意思疎通が難しく、微妙な環境の変化で動揺してしまうなど、認知症がある利用者への対応は困難の連続で、担当者は「どこでクラスターが起きても不思議ではない」と訴えた。

 「感染対策としてできることはすべてやってきた。感染者が出て『まさか』という感じだった」。クラスターが発生した府内の高齢者入所施設の事務長は、悔しさをにじませる。ウイルスを持ち込まないことを重視し、職員の健康管理に最も力を入れてきた。手指やパソコンの消毒はもとより、仕事の前後の体温測定や繁華街や飲み会に行かないこと、休憩室でも密集を避けることなどを徹底した。利用者の家族にも原則的に面会させなかった…

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです