米国務長官、23日にも中東訪問 イスラエルとの関係改善後押し

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
マイク・ポンペオ米国務長官=2018年10月6日、藤井太郎撮影
マイク・ポンペオ米国務長官=2018年10月6日、藤井太郎撮影

 AP通信は22日、複数の外交筋の話として、ポンペオ米国務長官が23日にもイスラエルなど中東各国訪問へ出発すると伝えた。イスラエルと国交正常化で合意したアラブ首長国連邦(UAE)も訪れる。パレスチナ問題で長く対立してきたイスラエルとアラブ諸国の関係改善を後押しする狙いとしている。

 APによると、ポンペオ氏はバーレーン、オマーン、カタール、スーダンも訪れる見通し。対イスラエル関係で他のアラブ諸国がUAEに追随する可能性も取り沙汰されており、イスラエルのコーヘン情報相は16日、「バーレーンとオマーンでは間違いなく議論されている。スーダンも可能性がある」と語っていた。

 ポンペオ氏に続き、…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文528文字)

あわせて読みたい

注目の特集