メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「戦国BASARA」コラボ 名護屋城跡でスタンプラリー 「天下料理」もご用意します 佐賀・唐津

唐津市内のホテルで豊臣秀吉のキャラクターパネルを背に天下料理をPRする山口祥義知事(右)と峰達郎市長=佐賀県唐津市で2020年8月22日、峰下喜之撮影

 佐賀県と唐津市は22日、市北西部の国特別史跡「名護屋城跡」と人気ゲーム「戦国BASARA」を組み合わせたスタンプラリーを始めた。合併15周年を迎えた唐津市振興の一環で、事業費は計約900万円。10月25日までの期間中、史跡周辺九つの旅館・飲食店が武将をイメージした「天下料理」も用意する。

 名護屋城は豊臣秀吉による1592~98年の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)の拠点で、徳川家康ら集結した「オールスター」(山口祥義知事)の陣跡は約150カ所に及…

この記事は有料記事です。

残り335文字(全文557文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです