メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外はやぶさ2、地球に帰還 豪砂漠でカプセル回収

オウムガイの赤ちゃん誕生 5年ぶりにふ化 三重・鳥羽水族館

5年ぶりにふ化したオオベソオウムガイの赤ちゃん=鳥羽水族館提供

 鳥羽水族館(三重県鳥羽市鳥羽3)は、生きている化石とされるオオベソオウムガイの赤ちゃんが誕生したと発表した。

 同水族館によると、2019年7月にラグーン水族館から譲渡されたメスのオオベソオウムガイが同年10月に産卵。20年8月1日にふ化した。殻の直径は2・5センチ程度で、性別は不明。水槽の壁にくっ…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです