メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桐生、ライバルを圧倒 「大会の先に五輪」勝利呼ぶプラス思考 セイコーGP

男子100メートル決勝で、1位でフィニッシュする桐生(左)。右は2位のケンブリッジ=東京・国立競技場で2020年8月23日、久保玲撮影

 23日の陸上のセイコー・ゴールデングランプリは、男子100メートルで桐生祥秀(日本生命)が10秒14(向かい風0・2メートル)で優勝。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)が10秒16で2位に入った。

 新しい国立競技場で初開催された陸上の主要大会で、男子100メートルの桐生はライバルに完勝した。「決勝で勝ちきることができたのはよかった」。ケンブリッジ、9秒98の自己記録を持つ小池祐貴(住友電工)、多田修平(同)ら一線級を寄せ付けなかった。その要因の一つは、プラス思考にある。

 強さが際立ったのは課題としていた中盤以降。好スタートを決めたケンブリッジにわずかに先行されたが、中盤で追いついた。さらに、最後は後半が得意なケンブリッジに競り勝った。10秒14の決勝は向かい風0・2メートル。追い風0・7メートルで予選最速だった10秒09からタイムこそ落としたが、「2本ともうまいこと走れた」と話す。

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 米総領事館、香港の活動家4人の政治亡命を拒絶 米中対立を避ける思惑か

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 持続化給付金詐取容疑、全国で55人逮捕 SNSで若者勧誘も 返還相談2000件超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです