メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車 インディ500、3年ぶり 佐藤琢磨、2度目V

インディ500で優勝し、両手を突き上げ喜ぶ佐藤琢磨=インディアナポリスで23日、USAトゥデー・ロイター共同

 世界3大レースの一つといわれる米国伝統の自動車レース、第104回インディアナポリス500マイル(インディ500)は23日、米インディアナポリスのインディアナポリス・モータースピードウエーで決勝が行われ、元F1ドライバーの佐藤琢磨(43)=ホンダ=が3年ぶり2度目の優勝を果たした。

 佐藤は2010年からインディカー・シリーズに参戦し、17年に日本人初のインディ500制覇。今回は自己最高の3番手発進から順調に上位を走行し、終盤にトップに立った。レースは新型コロナウイルスの影響により無観客で実施された。インディ500は1911年に第1回が開催され、F1シリーズのモナコ・グランプリ(GP)、耐久レースのルマン24時間と並び世界最高峰と称されている。【ニューヨーク共同】

 100年以上も前に始まった伝統のレースで佐藤が再び快挙を成し遂げた。3位の昨年に続く活躍、インディカー・シリーズ通算6勝のうち2勝がインディ500という大舞台での強さ。事故多発の展開でも集中力を切らさず順調に周回を重ねた。オンライン記者会見で「素晴らしい日だった」と余韻に浸った。

 終盤、同シリーズ49勝を誇るディクソン(ニュージーランド、ホンダ)と激しい争いを繰り広げた。厳しくなる燃費を何とかやりくりし、後ろから重圧を受けても決してトップは譲らない。その後、再び事故が起こり、セーフティーカーに先導されて歓喜の瞬間へ。ウイニングランのような形でのゴールとなった。

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文1241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 囲碁は「国技」、日本棋院が定款変更 「伝統文化」内外に発信狙う

  2. 「口先だけの謝罪」足立区議へ残る批判 自民は幕引き図る LGBT差別的発言

  3. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  4. 米司法省、グーグルを独禁法違反で提訴 米メディア報道 MS以来20年ぶり大型訴訟

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです