メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

僕は猟師になった(2020年、日本) 命を奪い生きている事実

 イノシシやシカを伝統のくくりわな猟で捕らえ、さばき、家族で食べる。そんな猟師の日常を淡々と写したドキュメンタリーです。猟師の名前は千松(せんまつ)信也。京都市内の市街地に近い山に家族で住み、週に数日は運送会社で働きながら、猟をする。千松家のホームビデオのようだと本人は言いますが、その映像から目が離せません。解体など衝撃シーンがあるからではありません。私たちが「臭いモノに蓋(ふた)」をしている、その蓋が開けられたような気持ちになるからです。その中に見えるのは、私たちは…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 新閣僚「人となり報道」は本当に必要か? 香港からの問いかけ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 東京で新たに220人の感染確認 200人超えは6日ぶり 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです