メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SDGsの学び生かす 南山大の水谷さん、小島さん 食品会社の取り組み目標策定 /愛知

アルファフードスタッフ幹部と意見を交わす小島弘久さん(左から2人目)と水谷有沙さん(同3人目)=名古屋市西区で

 国連が提唱する「SDGs」(持続可能な開発目標)に取り組むため、食品会社「アルファフードスタッフ」(名古屋市西区)が「サステナビリティ宣言」を策定した。策定には、南山大(同市昭和区)でSDGsを学ぶ現役の大学生2人が参加。企業と学生がタッグを組み、持続可能な社会づくりを目指している。【川瀬慎一朗】

 SDGsは2015年に国連が採択。地球が持続していくための行動目標として「飢餓をゼロに」「貧困をなくそう」「ジェンダー平等を実現しよう」「質の高い教育をみんなに」など17の目標を掲げ、世界規模での取り組みを呼びかけた。オーガニック食材の輸入、卸を手がける同社はSDGsへの理念に賛同。社としての取り組みを明確にするため、サステナビリティ宣言の策定を計画した。

 企業論理によらない中立的視点を持たせるため、宣言の策定を学生に任せることを決め、学生支援に取り組む「学生情報センター(ナジック)」(京都市)の仲介で南山大から2人のインターンシップを受け入れた。2人はいずれも同大国際教養学部4年、水谷有沙さん(21)=名古屋市昭和区=と小島弘久さん(22)=一宮市。2人ともSDGsを専門に学んできた。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです