メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金魚通じ涼お届け 「紺屋」水槽増やし展示強化 大和郡山 /奈良

新たに設けた金魚の水槽を紹介する仲さん=大和郡山市の紺屋で、熊谷仁志撮影

 大和郡山市特産の金魚の水槽展示が、藍染め体験施設「箱本館『紺屋』」(同市紺屋町)で強化され、来館者に「涼」を届けている。施設を運営する市観光協会が「旧城下町内で気軽に多くの金魚が見たい」という観光客の声に応えた。6月はコロナ禍で苦戦したが、7月1日から入館料を無料にし、1年前と比べ入館者が倍増。誘客に懸命に知恵を絞る。【熊谷仁志】

 紺屋は2000年4月、江戸時代から続く藍染め商の町家を再生して開館。今年4月にオープン20周年を迎えた。藍染め体験ができ、金魚研究家・故石田貞雄氏が集めた金魚に関する美術工芸品・生活用具など約1000点を展示替えをしながら紹介している。

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1175文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです