メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

運転再開、ファンら見送り 奥出雲おろち号、4カ月ぶり /島根

運転を再開した奥出雲おろち号=島根県出雲市駅北町の出雲市駅で、前田葵撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で運行中止し、21日に約4カ月ぶりに再開したJR木次線のトロッコ列車「奥出雲おろち号」が23日、始発駅の山陰線・出雲市駅から初めて発車。約40人が乗り込み、ゆったりとした鉄道旅を楽しんだ。

 おろち号は例年4~11月の週末を中心に運行。今年は4月4日から運行を始めた…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文326文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. センバツ21世紀枠候補・矢上 球児の明るいスマイル 小さな町にもたらす笑顔

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです