メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

新型コロナ 守れ高齢者、試行次々 24時間検査/オンライン面会導入

PCR検査を行う「いきいきプラザ一番町」の職員たち=6日(東京都千代田区提供)

 新型コロナウイルスの感染は、若者だけでなく幅広い世代に広がりつつある。高齢者は重症化リスクが高いとされ、その対策は喫緊の課題だ。高齢者をいかに守るのか。病院や医師会、行政などを中心に新しい試みが始まっている。

 入院患者の8割以上を70歳以上が占める東京都健康長寿医療センター(東京都板橋区)では、院内感染を防ごうと高い緊張感で運営する日々が続く。

 一般的に高齢者は持病悪化を理由に病院に来ることが多く、新型コロナの感染を疑わないまま入院させてしまうケースもあるという。「院内感染防止の水際作戦は一般病院よりも難しい」と担当者は頭を悩ます。

この記事は有料記事です。

残り2129文字(全文2399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 時短に「またか」「悩む」 東京都内の飲食店悲鳴 「従わないと白い目で…」

  3. ソフトバンクが日本一 巨人に4連勝し、4年連続11回目 シリーズ最多12連勝

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです