メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

悼む

拉致被害者の地村保志さんの父・地村保さん=7月10日死去・93歳

地村保さん=2002年10月、代表

 地村保さんに出会ったのは福井県小浜市に赴任した2001年、海を見渡す丘で7月7日に開かれた「七夕のつどい」だった。そこは1978年の七夕の夜、次男の保志(やすし)さんと浜本(現・地村)富貴恵さんが北朝鮮の工作員に拉致され、乗っていた軽トラックが放置されていた場所。事件を風化させまいと、保さんや富貴恵さんの兄浜本雄幸さんらが毎年集会を開いていた。

 集まったのは家族や知人らわずか20人。翌02年9月に開かれた日朝首脳会談で北朝鮮が日本人拉致を認め、その翌月に小浜の2人を含む5人の帰国が実現して拉致を巡る世論が沸騰したが、そこに至るまでには家族らによる長く地道な活動があった。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  2. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです