メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

100年カンパニーの知恵

リーガル/上 「武骨に、ひたすらに」

「リーガルの顔」ウイングチップ(左)と、売り上げ5位のプレーントウ

 <since 1902>

 2011年3月。長引くリーマン・ショックの影に、東日本大震災の発生が追い打ちをかけた。ビジネスマンが行き交う東京都心のリーガルの店舗にも、重い空気がただよっていた。

 電話が鳴った。相手の声は弾んでいた。「あの夜、10キロは歩いたけれど大丈夫だった。お宅の靴のおかげです。ありがとう」。3月11日夜、鉄道が止まり、都心から徒歩で帰宅した男性客からだった。「電話やメールを多数いただき、空気がパッと変わった。晴れやかな社員の顔がよみがえります」(矢次瑞也広報課長)

 リーガルコーポレーション(千葉県浦安市)の11年度決算は4期ぶりに増収増益を達成。本業に直結する営業利益は、前年度比約2倍に伸びた。「丈夫で、履きやすい」。長く築かれてきたリーガル製品の評判が市場に再認識された。「3月11日の体験が口コミで浸透した」。社内の分析だ。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 首相「差し控える」連発 初の代表質問、議論かみ合わず ヤジに自ら「静かに」

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです