メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

照ノ富士関の「優勝ミニ額」販売します 大相撲7月場所

[PR]

 <毎日新聞からのお知らせ>

 大相撲7月場所で2回目の優勝を果たした前頭・照ノ富士関の優勝ミニ額(縦32センチ、横23センチ)を販売します。

 照ノ富士関はモンゴル・ウランバートル出身。けがの影響で2017年9月場所を負け越し、大関を陥落。その後も病気に悩まされ、一時序二段まで番付を下げました。幕内に復帰しての優勝は史上初の快挙です。執念を実らせました。

 両国国技館に掲げられる優勝額のミニチュア版です。富士フイルムの技術協力を得て製作します。9月中旬から受け付け順にお届けします。

 <価格>1枚9800円(送料、消費税含む)<申し込み方法>郵便局の郵便振替で。口座番号欄に「00160―3―635070」▽加入者名欄に「毎日新聞社事業本部」▽通信欄に「優勝額係 令和2年7月場所照ノ富士関」▽依頼人欄に郵便番号、住所、氏名、電話番号――を記入してください。

 9月30日までにお申し込みいただいた方のうち5人に照ノ富士関の直筆サイン入り写真(A4サイズ)を抽選でプレゼントします。伝票に「プレゼント希望」と書いてください。当選者の発表は発送をもって代えさせていただきます。

 <問い合わせ>毎日新聞社事業本部(03・3212・0190)=平日午前10時半~午後5時

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 看護師がパンダの漫画で感染予防訴え 香香日記、中国でも反響

  4. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

  5. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです