メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

@大学紙面から

@大学 今年度実施入試、超安全志向か 制度改革とコロナ拡大重なり高まる不安

各大学のオープンキャンパスのチラシ。今年はコロナ禍もあり、多くの大学がオンラインで実施している(画像の一部を加工しています)

 9月中旬の総合型選抜(旧AO入試)の出願を皮切りに2021年度入学者対象の大学入試が始まる。入試制度が変わるだけでなく、コロナ禍を受け、受験生や保護者の不安が高まる中、「超安全志向になるのではないか」と予想する教育関係者は多い。今、大学受験戦線に何が起きているのか――。

対策が無駄に

 「今年の受験生は四重苦ともいえる状況にあり、超安全志向が働いている」と指摘するのは、「リクルート進学総研」の小林浩所長だ。これまでの大学入試センター試験が大学入学共通テストに変わることへの不安に加え、入試改革の目玉とされていた「英語民間試験」と「記述式問題」の導入が見送りになった。さらに、コロナ禍で一般入試が通常通り実施できるのか、といった点も、受験生の心配を増幅させている。

 千葉県内の中堅公立高校で3年生の学年主任をしている教員は不満をぶちまける。「英語の民間試験が導入されるということで、英語が得意な生徒には2年生の時から受検を勧めていた。また、高校での活動実績を電子データで記録し、入試の合否判定資料として活用する『ジャパンeポートフォリオ』の導入を見越し、1年生の時から入力の仕方などの指導をしてきたのに、これも事実上なくなった。これまでの苦労は何だったのか」

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです