安倍首相が慶応病院入り 2週連続 首相周辺「受診は前回の続き」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は24日午前、東京・信濃町の慶応大病院を再び訪問した。首相は夏休み中の17日、同病院に「日帰り検診」で約7時間半滞在しており、2週連続での訪問となる。首相周辺は「先週の受診時に医師から1週間後にまた来るよう言われており、前回の続きだ」と説明している。

 首相は24日午前、東京・富ケ谷の私邸を乗用車で出発し、同9時55分ごろ慶応大病院に入った。首相官邸関係者によると、入院はせず、午後から官邸に出勤する予定という。

 首相が17日に同病院を受診した際、病院関係者は首相が6月13日に同病院で受けた人間ドックの追加検査だと説明していた。首相は潰瘍性大腸炎の持病があり、第1次政権時は2007年7月の参院選で大敗した後に体調が悪化し、任期途中で辞任した経緯がある。詳しい状況は不明で、体調不安説が広がる可能性もある。

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文578文字)

あわせて読みたい

注目の特集