メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相が慶応病院入り 2週連続 首相周辺「受診は前回の続き」

 安倍晋三首相は24日午前、東京・信濃町の慶応大病院を再び訪問した。首相は夏休み中の17日、同病院に「日帰り検診」で約7時間半滞在しており、2週連続での訪問となる。首相周辺は「先週の受診時に医師から1週間後にまた来るよう言われており、前回の続きだ」と説明している。

 首相は24日午前、東京・富ケ谷の私邸を乗用車で出発し、同9時55分ごろ慶応大病院に入った。首相官邸関係者によると、入院はせず、午後から官邸に出勤する予定という。

 首相が17日に同病院を受診した際、病院関係者は首相が6月13日に同病院で受けた人間ドックの追加検査だと説明していた。首相は潰瘍性大腸炎の持病があり、第1次政権時は2007年7月の参院選で大敗した後に体調が悪化し、任期途中で辞任した経緯がある。詳しい状況は不明で、体調不安説が広がる可能性もある。

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです