メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

合流新党結成へ基本合意に署名 立憲、国民と無所属グループ「政権交代一翼担う」

合流新党結成に向けた基本合意書に署名をする立憲民主党の福山哲郎幹事長(右から2人目)、国民民主党の平野博文幹事長(同3人目)ら=国会内で2020年8月24日午後5時2分、竹内幹撮影

 立憲民主党と国民民主党の合流を巡り、両党と無所属グループの幹事長が24日、国会内で会談し、合流新党結成に向けた基本合意書に署名した。9月にも衆参両院で約150人の新党が誕生する。

 立憲の福山哲郎、国民の平野博文両幹事長と、野田佳彦前首相が率いる「社会保障を立て直す国民会議」の玄葉光一郎、岡田克也前副総理の「無所属フ…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  5. 男子は九州学院、女子は千原台が優勝 高校駅伝・熊本予選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです