特集

自民党

自民党に関するページです。

特集一覧

首相2週連続通院に自民党幹部たちの口重く くすぶり続ける健康不安説

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
安倍晋三首相=川田雅浩撮影
安倍晋三首相=川田雅浩撮影

 安倍晋三首相が24日、2週連続で東京・信濃町の慶応大病院に通院したことで、自民党内に緊張感が高まっている。首相は2007年にも持病の悪化で第1次政権を終わらせているだけに、党幹部らは首相の体調に気をもんでいる。

「根拠のないうわさ出回っている」

 首相は通院について「検査」と説明したが、党内では、持病である潰瘍性大腸炎の悪化に伴う「治療」との見方が広がる。岸田文雄政調会長は24日の記者会見で「しっかりした体調管理のもとでリーダーシップを発揮することに期待する」と述べるにとどめ、二階俊博幹事長はこの日、記者団のコメント要請に応じなかった。首相の健康状態は国政を左右するだけに、党幹部たちの口は重い。

 「尾ひれのついた根拠のないうわさが出回っている」と閣僚経験者は不満を口にした。首相の顔色がさえないとの指摘は7月ごろからあり、首相が今月15日、東京・富ケ谷の私邸で麻生太郎副総理兼財務相と約1時間会談した2日後に通院すると「がんなどの重大な病気を抱え、麻生氏にいざという時は首相臨時代理に就くよう依頼したのでは」などの観測が広がった。25日の党役員会や、27日の首相と党幹部らによる最長政権の「お祝い会」が…

この記事は有料記事です。

残り1360文字(全文1864文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集