メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親に隠れてヘビの漬物を食べた女児が… 福島県金山町の大蛇「沼御前」伝説

大蛇がまつられているとされる沼御前神社=福島県金山町で2020年7月18日午後4時21分、三浦研吾撮影

 コロナ禍で重い空気が日本に立ちこめる中、疫病退散のご利益があるかもと、一躍脚光を浴びたのは熊本のご当地妖怪「アマビエ」だった。東北の地にも数々の民間信仰が根付いている。新潟県境に近い福島県金山町の沼沢湖は公園やハイキングコースが整備された人気スポットだ。毎年8月の「沼沢湖水まつり」(今年は中止)は1万人以上が集まる一大行事で、湖に伝わる大蛇「沼御前」の伝説がもとになっているという。気になって取材した。【三浦研吾】

 さかのぼること鎌倉時代。湖の主として恐れられた雌の大蛇は髪の長さが約6メートルもある若い美女に化け、住民に危害を加えたという。当時の会津領主が家来と大蛇を退治。頭を湖畔に埋め、霊をまつるために高台に建立したとされるのが、湖畔に残る沼御前神社だ。

この記事は有料記事です。

残り801文字(全文1133文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前回4強すべて初戦敗退 ヤマハ投手陣、日立製作所封じる 都市対抗野球

  2. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  3. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです