特集

LGBT 私らしく生きる

性別にとらわれず自分らしく生きるために、声を上げる人たちが増えています。当事者の思いや社会の課題を追います。

特集一覧

「みんな違うから美しい」 メークアップアーティストのLGBT僧侶が著書で問うこと

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
素顔に法衣姿の西村宏堂さん=本人提供
素顔に法衣姿の西村宏堂さん=本人提供

 LGBTQなど性的少数者の一人であると公表した浄土宗の僧侶がいる。西村宏堂(こうどう)さん(31)=東京都。このほど、自身の半生をつづった著書「正々堂々 私が好きな私で生きていいんだ」(サンマーク出版)を出版した。米国でメークアップアーティストとして活躍した経験もある。そんな西村さんが届けたい思いとは。【藤沢美由紀/統合デジタル取材センター】

 「他人と違うことは、悪いことなんかじゃない」「顔も見えない世間の価値観に自分の人生のハンドルは渡さない」。西村さんは著書の中で、こう語っている。だが、堂々と自分のことを話せるようになったのはこの5年ほどだ。それまでは、ずっと劣等感を持っていたという。

この記事は有料記事です。

残り1281文字(全文1580文字)

あわせて読みたい

注目の特集