特集

2020大阪都構想

2020年11月1日投開票の大阪都構想住民投票を巡る動きを追います。

特集一覧

大阪都構想の住民投票 実施判断は10月12日までに 市長、時期を先送り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪市役所=大阪市北区中之島1で2019年3月18日、林由紀子撮影
大阪市役所=大阪市北区中之島1で2019年3月18日、林由紀子撮影

 大阪都構想の住民投票について、大阪市の松井一郎市長は24日、新型コロナウイルスの感染状況を見極めるため、告示を想定する10月12日までに実施の可否を最終判断する考えを示した。これまでは市議会で都構想の制度案が採決される9月3日を期限としていたが、判断時期を先送りした。

 都構想の根拠になる「大都市地域特別区設置法」は制度案を議会で可決し、府市に通知された後、60日以内に住民投票を実…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文482文字)

【2020大阪都構想】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集