メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜市のIR誘致、議事録作成せずに決定 市長と幹部の協議内容、検証できず

横浜市役所

 カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を表明している横浜市が、誘致決定に至った林文子市長と幹部らの打ち合わせ記録や会議の議事録を作成していないことが毎日新聞の情報公開請求で判明した。IR誘致は予算規模が大きいうえに賛否が分かれる重要な政策にもかかわらず、その意思決定過程を市民が検証できなくなっている。

 同市が横浜港山下ふ頭への誘致を表明したのは2019年8月22日。直後に市民から反対の声が上がり、現在も住民投票条例制定の直接請求や林氏に対するリコール(解職請求)を目指す市民団体が活動している。林氏は17年7月、IRについて「白紙」を強調して3選を果たしており、誘致表明に至る経緯について説明責任を果たすように求める市民の声も強い。

 林氏は誘致を決めた時期を19年7月末としており、同月31日に4人の副市長らとともに担当職員から「IRの実現に向けて」という資料をもとに説明を受けたことが記された「議事概要」を、9月に市議会で公表していた。しかし、議事概要には林氏らの具体的な発言の記録がなく、協議内容は示されていなかった。

 毎日新聞は今年6月、誘致表明に関連する打ち合わせの記録や議事録、メールなどを開示請求した。市は今月、全開示を決定し、19年7月に幹部らへの説明に使った「IRの実現に向けて」と題した資料など4件の文書を開示した。

 だが、これらの文書は市の財政状況や実現した場合に見込まれる経済効果などをまとめた資料で、林氏が誘致表明した際の記者会見で使用したスライドの内容と…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文1317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです