ラグビーW杯日本大会で人気の「レンジー」、協会のマスコットに

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ラグビーW杯日本大会のマスコットから、日本ラグビー協会のマスコットになった「レンジー」。髪が白い親「レン」と髪の赤い子「ジー」の組み合わせだ=日本ラグビー協会提供
ラグビーW杯日本大会のマスコットから、日本ラグビー協会のマスコットになった「レンジー」。髪が白い親「レン」と髪の赤い子「ジー」の組み合わせだ=日本ラグビー協会提供

 2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会のマスコット「レンジー(Ren―G)」が24日、日本ラグビー協会の公式マスコットに就任した。日本協会がマスコットを設けるのは初めてで、ラグビーの普及などに一役買ってもらう。

 レンジーは歌舞伎の演目「連獅子」がモチーフで、18年1月に誕生した。ラグビ…

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文372文字)

あわせて読みたい

注目の特集