メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆううつな君へ

新学期/上 いじめ報告サイト うきわネットワーク(その2止) 思い吐き出せば伝わる

一般社団法人いじめ報告ネットーク 代表理事 井田裕之(いだ・ひろゆき)さん
「うきわネットワーク」のサイトではどこで何件のいじめが起きているの見ることができます

[PR]

 =1面からつづく

いじめ なかったことにしない

 井田いださんがサイトをつくるきっかけになったのは、2011ねん滋賀県大津市しがけんおおつし市立しりつ中学ちゅうがくねん男子生徒だんしせいと当時とうじ13さい)が自殺じさつした事件じけんでした。その調査ちょうさで、同級生どうきゅうせいにんのうち2ふたりのいじめが自殺じさつ直接的ちょくせつてき原因げんいんだったとみとめられました。この問題もんだいをきっかけに13ねんに「いじめ防止対策推進法ぼうしたいさくすいしんほう」ができました。

 井田いださん いじめは同級生どうきゅうせいまえおこなわれ、担任たんにんうったえた生徒せいともいたのに、学校がっこうが「いじめの認識にんしきはなかった」として十分じゅうぶん対応たいおうをしなかったことに疑問ぎもんかんじました。いじめになやひとなやみを投稿とうこうしやすいサイトをつくり、学校がっこうがいじめをなかったことにできなくなるような仕組しくみが必要ひつようだとかんがえました。

 Q サイトをつくときかんがえたのはどんなことですか。

 井田いださん つらいおもいをするひとを、「いまたすけたいということです。いじめの問題もんだいあきらかになると、学校がっこうはいじめがあったかどうかのアンケートをおこないます。でもそれでは、いまきているいじめをすくうのはむずかしいのではないかとおもいました。アンケートは、おぼれているひとおよかたおしえているようにおもえたのです。いのちすくううきわをいそいでげてあげなければ、いません。すぐにいじめをめるためには、学校がっこう指導しどう管理かんりする教育委員きょういくいいんかい報告ほうこくし、学校がっこうでの対策たいさくられることが重要じゅうようだとかんがえました。

匿名とくめい安心感あんしんかん

 Q いじめ報告ほうこくサイトというアイデアはどうおもいついたのですか。

 井田いださん いじめの相談そうだん窓口まどぐちとして紹介しょうかいされているのは、ほとんどが電話でんわです。小学生しょうがくせい中学生ちゅうがくせいにとって、電話でんわをかけるのは勇気ゆうきがいるとかんがえました。また、教室きょうしつかみでアンケートを方式ほうしきでは、特定とくていされることをおそれて本当ほんとうのことをきづらい。ただでさえこころよわっているのに、られているというプレシャーから「大丈夫だいじょうぶ」といてしまいがちです。いえからスマホで、匿名とくめい安心あんしんしてたすけをもとめられるという、行動こうどうこしやすさをこころがけました。みの8わり以上いじょうがスマホからです。スマホからやすいページもつくりました。

られる効果こうか

 Q 「うきわネットワーク」のサイトでは全国ぜんこくのどの学校がっこうでいじめがきているのか、だれでもることができます。

 井田いださん 投稿とうこうしたらすぐに反映はんえいされるのは勇気ゆうきしてんでくれたひとに、きちんとめられたというおもいをってほしいからです。名前なまえがあがっている学校がっこう先生せんせいからは「くわしいことをおしえてほしい」とあわてて電話でんわがかかってくることもあり、だれでもえるようにしたことの効果こうかかんじています。

 Q サイトはいじめているひとのためにもなるとかんがえているそうですね。

 井田いださん からかいがいじめに発展はってんして、重大じゅうだい結果けっかまねまえに、いじめの報告ほうこくによって加害者かがいしゃめることができるとおもいます。重大じゅうだい病気びょうきも、初期しょきつかればなおすことができます。おなじようにはや段階だんかいで、加害者かがいしゃ気付きづかせてめることが重要じゅうようだとおもいます。

 Q サイトにんでいいのはどんなことですか。

 井田いださん 学校がっこうきたトラブルはなんでもOKです。「牛乳ぎゅうにゅういやだからみたくない」のような「ささいなこととおもわれるかもしれない」ようなこともどんどん報告ほうこくしてほしい。おもいをしてくれたらちゃんとつたわるよということをつたえていきたいです。

 うきわネットワークホームページ(https://ukiwanet.com/)。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  2. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  3. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  4. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです