メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AZrena

アカツキが、ヴェルディと目指す未来。新マスコットからユニフォームまで

情報提供:アズリーナ

ゲーム事業を中心に展開する大手IT企業アカツキと、東京ヴェルディ。2017年にアカツキがスポンサーとなって以来、両者は切っても切れない関係であり続けてきました。

2020年5月に誕生した新マスコット「リヴェルン」や、2020年7月27日にリリースした新3rdユニフォームにも、同社の思いがしっかりと詰まっていました。

アカツキがヴェルディと描きたい未来とは、どのようなものなのでしょうか。同社から出向社員としてヴェルディのファンデベロップメント部に所属する菊地優斗氏に、アカツキとヴェルディの“今”と見据える“未来”について伺いました。

(取材日:2020年7月8日 聞き手:竹中玲央奈、堀友美)

azrenasportsloveraidAZrena SportsLoverAid特設ページはコチラ

 

「アカツキ」を胸に戦う姿に、誇りを覚える

アカツキでは、ゲームを軸としたさまざまなIP(Intellectual Property:知的財産)のプロデュースカンパニーを目指しています。スポーツチームやスポーツ選手も、まさにIPのひとつ。ヴェルディへのスポンサードや経営参画は、IPを生かした新たなビジネス模索のひとつの形です。

その中で、具体的にヴェルディとアカツキの共同事業を作っていくことが私の仕事のミッションの一つです。今やっているのは、ヴェルディのEC事業、新マスコット“リヴェルン”のプロデュース、8月頭に公開したプロスポーツチーム初導入となるファンアプリの開発です。

 

アカツキは、ゲーム会社としてのイメージが強いと思います。ゲーム以外のIPのプロデュースもできるんだという企業ブランディングにも繋げていきたいですね。双方にとってメリットがある形で、アカツキの強みを活かしてできることを日々模索しています。

 

アカツキには、「アカツキ」という名のプロダクトがありません。会社名が前面に出る機会が少ない中で、ヴェルディの選手がアカツキを胸に戦っている姿は社員として誇らしく感じます。

 

2019年には、「ヴェルディキッズパーク」というホームゲームイベントにてキッズユニフォームを配布しました。家族揃って胸にアカツキのロゴが入ったユニフォームを着て、スタジアムで笑顔で観戦している姿を見て、とても嬉しかったです。

 

他にも、サポーターの方が「アカツキがスポンサーになってくださって良かった」などと声をかけてくださることも。やっていて良かったと感じる瞬間ですし、大好きなヴェルディに少なからず貢献できている実感があります。

 

社内で感じるスポンサーメリットもあります。もともと人の繋がりを大切にしてきた会社ですが、会社の規模拡大に伴ってどうしても横の繋がりが薄くなってしまっていた中で、交流する機会が少なくなっていました。ヴェルディの社内観戦会が、横の繋がりを生み出す大切な機会にもなっています。

 

「リヴェルン」はなぜ生まれたのか

2020年5月4日には、ヴェルディとアカツキ共同で制作した新マスコット「リヴェルン」が誕生しました。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 金言 首相、そりゃないよ=小倉孝保

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです