メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクサー人生、守る コロナで次戦未定、迫る「定年」 36歳中野選手、病越え再起期す

復帰に向けてサンドバッグを打つ中野ウルフ選手=鹿児島市の橋口ボクシングジムで2020年6月25日午後7時21分、津島史人撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でプロボクシングの国内興行が本格化しない中、遅咲きのプロボクサーも次の試合が決まっていない。鹿児島市の中野ウルフ選手(36)は、網膜剥離からの復帰を果たしたいが、プロの定年となる37歳が約半年後に迫っている。試合に勝ってランキングを上げることで少しでも長くリングに上がり続けたいと願うが、先が見通せず、不安をかき消すようにパンチを振るっている。

 中野選手がボクシングを始めたのは29歳。たまたま見学したジムで同世代のプロ選手が必死に努力する姿に心を揺さぶられた。2014年11月に30歳でプロデビューを果たし、打たれても打ち返すスタイルはいつも会場を沸かせた。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです