メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

濃い味、うす味、街のあじ。

神戸香る 銘茶とコーヒー

 1868年の開港で、外国に開かれた神戸。

 「コーヒーも映画もはじめは港からやってきた」

 この広告コピーは、2017年の「神戸開港150年記念事業」のスローガンだが、そのコーヒー発祥の店が元町商店街にある「放香堂」だ。

 大丸の西側から神戸駅の南まで1・2キロ、店舗数300店を数える神戸元町商店街は、ここ10年ぐらい新陳代謝が激しい。わたしにとっての一番大きな動きは、大型書店で海事書をそろえていた「海文堂書店」が閉店し、ドラッグストアに代わったことだ。近年では新しい食パンの店が多く出店し、産直やオーガニックの野菜や果物を並べた青果店が増えている。

 そんな中、この放香堂や1883年創業の日本人初のテーラー「柴田音吉洋服店」、「ゴーフル」で有名な1897年創業の「神戸凮月堂」が盛業中で、さすがの貫禄を見せている。

この記事は有料記事です。

残り1574文字(全文1932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです