メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 富士川町、妊婦支援へ 胎児1人につき10万円給付 /山梨

 富士川町は24日、新型コロナウイルスの感染拡大で不安を感じている妊婦を支援しようと、胎児1人につき10万円を給付する方針を明らかにした。妊婦が安心して出産できるよう申請からおおむね3週間以内に支援金を振り込むという。

 支援金の名称は「ふじかわ赤ちゃんすくすく応援金」。町に住民登録があり、8月12日~2021年3月末に母子健康手帳を交付され、手帳に医師の記述がある妊婦が対象…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. センバツ21世紀枠候補・矢上 球児の明るいスマイル 小さな町にもたらす笑顔

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです