メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜支局長からの手紙

新聞代金と…税金? /岐阜

 コロナ禍以前の昨秋、大学で「新聞の読み方」を講義しました。学生約40人に1部ずつ新聞を渡し、対面での授業です。新聞を毎朝読む学生は少ないですが、全員がスマホやテレビでニュースには接していますし、無関心ではありません。

 「新聞は民主主義に欠かせない」と訴える狙いで、記事ができるまでの過程を話すことに時間を割きますが、まずは新聞の欄外を見てもらいました。

 1面の右上には「第3種郵便物認可」とあります。私たちは新聞を格安で送ることができます。朝刊1部の郵送料は普通なら210円ですが、54円で送れます。

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 保守派バレット氏連邦最高裁判事指名で米国は変わるのか 揺らぐオバマケア、中絶の権利

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです