連載

びわ博

毎日新聞デジタルの「びわ博」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

びわ博

こだわり展示の裏話/66 トンネル水槽見下ろす「のぞき窓」?=琵琶湖博物館 中井克樹・専門学芸員 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

展示のつながり示す痕跡

 琵琶湖博物館の水族展示室の紹介でよく用いられるのはトンネル水槽の写真です。この水槽は、深さ6メートルあるプールの底に厚さ17センチの透明アクリル製の円筒形のチューブを横たえて、その中を人が通り抜ける構造になっています。水槽の中を泳ぐのは、琵琶湖の岩場や沖合にすむ魚たちで、4年前の水族展示室のリニューアル後は、ビワマスも仲間入りしました。また、この水槽のコイは、直前のヨシ帯の水槽にいる外来の養殖型のコイとは違って、琵琶湖だけに生き残っているとされる、スマートな体形をした日本在来の野生型のコイです。

 さて、このトンネル水槽を歩いていると、右上にのぞき窓のような三角形の張り出しが見えます。これは、リニューアル前には2階のC展示室の「琵琶湖のさまざまな環境と生き物たち」のコーナーで、岩場の環境を紹介する展示の一部でした。

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文979文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集