連載

学び・つなげる

毎日新聞デジタルの「学び・つなげる」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

学び・つなげる

オンライン授業 1人1台端末、年度内に 県内全公立小中で配備へ /兵庫

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大で導入が急がれる公立小中学校でのオンライン授業の基盤となる児童生徒の「1人1台端末」について、県内全41市町が2020年度中に配備する方針であることが、毎日新聞の取材で分かった。オンライン活用では、淡路市と南あわじ市は一部の学校で休校期間中の5月に双方向授業に取り組み、神戸市は6月に一部の学校で家庭端末も活用して短時間の学活を試行した。尼崎市は一部22年度配備だった予定の前倒しを決め、姫路市は9月上旬から配備を始めるなど急ピッチで準備が進む一方、教員側のノウハウ習得が課題となっている。【井上元宏、稲田佳代】

 新型コロナの感染拡大で県内の公立小中学校では大半が3~5月まで3カ月間休校。学習機会の確保が急務となり、国は「1人1台端末」の配備目標を23年度から20年度に前倒しした。毎日新聞は6~8月に県内41市町に取り組み状況をアンケートなどで取材した。

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1493文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集