メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

造船時の足場材で家具 愛媛の企業、SDGsも意識 /愛媛

造船作業で使った足場板を活用したテーブルとベンチ=愛媛県伊予市で、共同

 船を建造する際の足場に使った古い板材を再利用し、味わいのある家具を作る「瀬戸内造船家具」プロジェクトを、県の企業などが立ち上げた。造船業が盛んな地域の特色をアピールするとともに、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」も意識しながら取り組んでいる。

 始めたのは、今治市の浅川造船と、家具の製造販売も手掛ける松山市の真聖建設。東京のPR会社の協力を得て、テーブルやベンチなどを6月から販売している。足場だったことを表すペンキや傷を残して板を使い、素朴に仕上げている。

 浅川造船で部長職を務める村上賢司さん(37)によると、主力商品のケミカルタンカー1隻を造るために、長さ約3メートル、幅約20センチ、厚さ約5センチの足場用スギ板が少なくとも1万枚は必要になる。ただ、作業員の安全確保のため、傷んだ板は焼却処分しており、年間2000万円ほどの費用がかかっていた。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文647文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです