メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

東京パラまで1年、駅バリアフリー 車いす、遠い単独乗降

都営大江戸線の練馬駅ではホームが車両に向かってスロープ状になっているため係員の介助なしに電車に乗り込める。写真は吉次まりさん=東京都で19日、五十嵐朋子撮影

 今年8月から開催されるはずだった東京パラリンピックを機に東京都内の駅ではエレベーターの設置などバリアフリー化が進んできたが、車いす利用者の不便さはまだ解消されていない。電車とホームの隙間(すきま)と段差のため1人で乗降できず、駅員の手を借りる場面を見かけるケースがまだまだ多い。延期されたパラリンピックの開催まであと1年。駅のバリアフリーの現状と課題を探った。【五十嵐朋子】

 健常者には「1歩」でできる電車の乗り降りが、車いす利用者にとっては大きな「壁」となる。

 今年8月、電動車いすを利用している吉次(よしつぐ)まりさん(31)=東京都練馬区=にお願いして、渋谷から山手線で新宿へ向かうのに同行させてもらった。JR渋谷駅の有人改札で声をかけ、スロープを設置してくれる係員を待つ。ホームから電車に乗り込むための補助台だ。係員と合流するとエレベーターでホームへ移動し、乗車位置まで案内してもらう。係員が電話で降車駅の新宿駅に連絡する。降りるときにスロープを置いても…

この記事は有料記事です。

残り1847文字(全文2279文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エビ中」安本彩花さん、悪性リンパ腫治療で当面の間休養

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  5. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです