メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

暴力という磁石=大治朋子

 <ka-ron>

 「幼いころに暴力に接すると(それに)取りつかれる。人間は、生き残りに関わるデータにひきつけられるように生まれついているが、暴力ほど生き残りに関わるデータはないからだ」

 米陸軍士官学校の教授(心理学)を務めたデーブ・グロスマン氏がその著書「『戦争』の心理学 人間における戦闘のメカニズム」(二見書房)で書いている。

 グロスマン氏といえば、暴力の心理分析で知られる研究者だ。人間の脳は「自己プログラミング・コンピューター」であり、生き残るために重要な情報を優先的に取り込む。特に生まれてから小学校に入るぐらいまでの間に学んだことは、成人後の判断や行動に大きく影響をおよぼしやすいという。

この記事は有料記事です。

残り697文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  4. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  5. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです