メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾・ソマリランド接近 代表処設置 中国「国際社会から軽蔑」

相互に代表処を設置することで合意した後、握手するソマリランドの外交担当者、ヤシン・ハジ・モハムド氏(左)と台湾の呉釗燮外交部長(外相)=台北で2月、台湾外交部提供・AP

 台湾と、アフリカ東部ソマリアから独立宣言したソマリランド共和国が相互に代表処を設置すると発表し、中国外務省が繰り返し不満を表明している。ソマリランドは国際的には承認されていないが、選挙による政権交代が行われており、台湾政府が「民主主義を共有する」と強調することにもいらだちを募らせているようだ。

 ソマリランドはソマリア北部にあり、1991年にソマリアからの独立を宣言した。ただソマリアは認めておらず、国際的な承認も進んでいない。一方、中国政府は台湾と外交関係を持つ国に断交を迫る政策を続けており、台湾と外交関係を持つ国は15カ国にまで減っている。そうした中で、台湾は7月1日に相互に代表処を設置すると発表し、8月17日に実際にソマリランドの「首都」、ハルゲイサに事務所を開設した。蔡英文総統はこの日、フェイスブックに動画を投稿し「台湾とソマリ…

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文932文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  2. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  3. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  4. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  5. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです