メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルワクチン、高齢者は早期接種を 同時流行備え

 厚生労働省は24日、インフルエンザワクチンについて高齢者など優先度が高い人たちに早めに接種するよう呼びかける方針を明らかにした。インフルエンザと新型コロナウイルス感染症の同時流行に備え、インフルエンザワクチンの需給が逼迫(ひっぱく)する懸念があるため。大量の発熱患者を想定し、身近な診療所でも新型コロナとインフルエンザの検査が受けられるよう医療体制を10月中に整備する。

 同日開かれた厚労省の専門家組織「新型コロナ対策アドバイザリーボード」に提示した。

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  4. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  5. ORICON NEWS なかやまきんに君“本名”公開「初めて下の名前知りました」「本名カッコいい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです