メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道 面にフェースシールド 「3密」稽古、感染防止に

江東区剣道連盟の定例の稽古会。整列する際も距離を空けて座る

 新型コロナウイルス感染のリスクが高い「3密」となる剣道の稽古(けいこ)で、防具を着けた状態で感染防止も図る「新しい稽古様式」が広がっている。

 7月に東京都江東区のスポーツ施設であった江東区剣道連盟の稽古会では、参加者が対人稽古の際にフェースシールドを着用。目元と口元を覆う部分が分かれているタイプを、面の内側にはめ込んで使う「剣道仕様」だ。

 しかし稽古を始めると、シールドは呼吸で曇り、「全然見えない! 一瞬で(シールドが)曇る」との声も上がった。そこで競泳のゴーグル用の曇り止めを塗る「秘策」を取り入れた人もいた。

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文852文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. 「ナボナ」の亀屋万年堂 シャトレーゼが買収 和菓子拡充

  4. #自助といわれても 町から届いた冷酷な順序 ALS患者でさえ家族介護を求める行政の“誤解”

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです