メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

剣道 面にフェースシールド 「3密」稽古、感染防止に

江東区剣道連盟の定例の稽古会。整列する際も距離を空けて座る

 新型コロナウイルス感染のリスクが高い「3密」となる剣道の稽古(けいこ)で、防具を着けた状態で感染防止も図る「新しい稽古様式」が広がっている。

 7月に東京都江東区のスポーツ施設であった江東区剣道連盟の稽古会では、参加者が対人稽古の際にフェースシールドを着用。目元と口元を覆う部分が分かれているタイプを、面の内側にはめ込んで使う「剣道仕様」だ。

 しかし稽古を始めると、シールドは呼吸で曇り、「全然見えない! 一瞬で(シールドが)曇る」との声も上がった。そこで競泳のゴーグル用の曇り止めを塗る「秘策」を取り入れた人もいた。

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文852文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 最速154キロでも公式戦出られず 異例の「準硬式」投手にスカウト注目

  3. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです