メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京2020

パラ柔道、17年ぶり出場に挑戦 松本58歳、もう一花

パラリンピック出場を目指し、練習に励む松本(右)

 視覚障害者柔道界に、実に17年ぶりのパラリンピック出場を目指す選手がいる。男子100キロ級の松本義和(58)=アイワ松本治療院=だ。2000年シドニー大会で銅メダルを獲得し、04年アテネ大会では開会式で旗手も務めたが、直近3大会はいずれも代表落ちを経験した。20、30代が中心の日本代表において、還暦間近の柔道家は異色の存在だ。その挑戦を支える原動力とは。

 大阪市住吉区でしんきゅうマッサージ院を営む傍ら、稽古(けいこ)に励んでいる。新型コロナウイルスの影響で今年4、5月は通っていた道場が閉鎖。それでも、互いの襟と袖をつかんで組み合った状態から始まる視覚障害者柔道にとって重要な腕力を強化するために、自宅や近所の公園でウエートトレーニングに打ち込んだ。「体がごつくなって、今は4LのTシャツがきついですわ」と、大阪弁で手応えを話す。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1100文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「線引き乱暴」 時短営業しても「協力金」対象外の遊興施設などに不満募る

  2. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. ファクトチェック 「野党議員は自宅待機 自民党議員は無症状即入院」ツイートは不正確

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです