メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 外国人再入国 2回陰性でも強制送還 中国での検査、無効扱い

成田空港で帰国・入国者のPCR検査を行う検疫担当者=6月

 日本での在留資格を持つ外国人の再入国が8月上旬から段階的に認められるようになったが、要件となっている現地出発前の新型コロナウイルス検査と、日本到着後の検査の2回とも陰性でも、入国できずに強制的に送還されるケースが出ている。日本側が指定する検体採取法が「鼻咽頭(いんとう)(鼻の奥)」か「唾液」で、中国の一部地方で一般的な「咽頭(喉の奥)」を認めていないためだ。送還された中国人女性(25)は「事前に違いを明確に説明してほしかった」と訴えている。

 この女性は8月11日に遼寧省大連を飛行機で出発。同日午後に成田空港に到着した。空港で唾液によるPCR検査を受け、1時間後に「陰性」との結果を受け取った。中国内での検査結果と共に入管に提出したが、約2時間半後、事務室に呼ばれ、「あなたを出発国に送り返す」と書かれた紙を渡されたという。

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文1038文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  4. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

  5. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです