ロシア反体制派ナワリヌイ氏へ毒物使用の兆候 ドイツの病院が公表

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ロシアの反体制派指導者、アレクセイ・ナワリヌイ氏=AP
ロシアの反体制派指導者、アレクセイ・ナワリヌイ氏=AP

 ロシアの反体制派指導者、アレクセイ・ナワリヌイ氏(44)が意識不明となっている問題で、治療に当たるドイツ・ベルリンのシャリテ大学病院は24日、毒物が使用された兆候があるとの見解を公表した。同氏はプーチン露大統領批判の急先鋒(せんぽう)で、毒殺未遂の疑惑が深まっている。

 同病院によると、体内のコリンエステラーゼという酵素の働きを阻害する物質による中毒症状…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文447文字)

あわせて読みたい

注目の特集