ドローンサッカー 「大分・別府を聖地に」 国内初の専用競技場オープン

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国内で初めて設置されたドローンサッカーの専用競技場=大分県別府市で、辻本知大撮影
国内で初めて設置されたドローンサッカーの専用競技場=大分県別府市で、辻本知大撮影

 ドローンを使った新競技「ドローンサッカー」の専用競技場が、大分県別府市の社会福祉法人「太陽の家」の敷地内にオープンした。国際基準を満たした競技場は日本初。カー用品大手「オートバックスセブン」の子会社でドローン事業を手がけるADE社(別府市)が設置し、競技の普及につなげたい考えだ。

 日本ドローンサッカー連盟によると、ドローンサッカーは韓国発祥の新競技。1チーム5人で5台のドローン…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

あわせて読みたい

注目の特集